玄米 | 犬の手作りごはんおすすめ食材

精製前の米である玄米にはビタミンB1が豊富です。白米の3倍もの食物繊維を含みます。

精製前の外皮にはビタミンB1と食物繊維が豊富

精白された白米とは異なる味わいや食感が人気の玄米。含まれる栄養素も白米とは異なります。目的や好みに合わせて使い分けるのがおすすめです。

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1

玄米の外皮には糖質をエネルギーに変える際に欠かせないビタミンB1が豊富です。

米に含まれるビタミンB1はほとんどが外皮に存在します。精白後の精白米にはわずか5%程度が残るのみです。

便秘予防や解消に。豊富な食物繊維

玄米は白米と比べて3倍もの食物繊維を含みます。便の量を増やし、便秘解消や予防に役立ちます。

一方でこの外皮は消化が良くないという側面を持ちます。犬に与える際は白米と一緒に混ぜて炊くか、やわらかいお粥にするのがおすすめです。

生活習慣病の予防効果が期待される、不飽和脂肪酸を多く含む

玄米にはリノール酸オレイン酸とい言った不飽和脂肪酸も多く含まれます。

リノール酸は動脈硬化の予防に、オレイン酸は血中コレステロール値のコントロールに効果が期待できる成分です。

ごま | 犬の手作りごはんおすすめ食材

不飽和脂肪酸抗酸化成分を多く含みます。

犬の手作りごはんの香りづけに用いると、犬の食欲を刺激します。犬の食欲が今ひとつな時、食事にあまり興味を示さない時などに、少量を加えるのがおすすめです。

不飽和脂肪酸、抗酸化成分を多く含む

ごまは不飽和脂肪酸のリノール酸、オレイン酸を多く含みます。不飽和脂肪酸は血中コレステロールのコントロールに役立つとさえれています。

抗酸化成分であるセサミン、セサミノール、ビタミンEも多く含みます。

エネルギー代謝に欠かせないビタミンB1も多く含み、疲労回復効果も期待できる食材です。

栄養素を引き出す調理法のコツ

ごまはそのままだと外皮が硬く、消化しにくい食材です。すりごまにすることで栄養素の消化・吸収率がUPします。

ただし、ごまに含まれる不飽和脂肪酸は空気に触れると酸化しやすいため、ごまをするのは使用する直前がおすすめです。

クロム | 犬の手作りごはん栄養学

糖質、脂質の代謝を助けるミネラル。

糖質、脂質の代謝に欠かせないミネラル

体内で血糖値をコントロールするホルモン「インスリン」。このインスリンの働きを活性化するのにクロムが欠かせません。

またクロムは脂質の代謝を高める働きも担っています。

不足すると

インスリンの働きが悪くなり、高血糖になりやすくなります。

過剰症

通常の食事では過剰症の心配はありません。

多く含む食品

クロムは多くの食品に含まれます。特に含有量が多いのは魚介類、海藻類、肉類です。

セレン | 犬の手作りごはん栄養学

セレンは体内に含まれる量はわずかですが、抗酸化作用があり老化防止作用が期待されるミネラルです。

日本の土壌はセレンが豊富

セレンは日本の土壌に多く含まれます。日本の土壌で育てられた作物に豊富に含まれ、魚介類にも豊富です。

そのため、身近で取れた作物や魚を食べていれば犬も十分な量を摂取できます。

過酸化脂質の分解を助ける

私たちの体の細胞膜には不飽和脂肪酸が多く含まれます。不飽和脂肪酸は酸化しやすい性質があります。

細胞膜の酸化により「過酸化脂質」が生まれると細胞が老化しやすくなると言われています。

この過酸化脂質を分解する酵素の成分としてセレンは重要な役割を担っています。

単独でも強い抗酸化作用を発揮するが、ビタミンC、ビタミンEと共に摂取するとさらに強い抗酸化作用が期待できる。

不足すると

心筋や筋力の低下。

過剰症

セレンは毒性が強いミネラルでもあります。過剰摂取は吐き気、下痢、肌荒れなどの症状となって現れます。サプリメントでの大量摂取には注意が必要です。

多く含まれる食品

魚介類、穀物、野菜類に豊富です。特に玄米、小麦胚芽に多く含まれます。

マンガン | 犬の手作りごはん栄養学

骨の形成を助け、活性酸素から細胞を守る抗酸化作用成分の材料になる。

骨の形成を促す

マンガンカルシウム、リンと共に骨の形成を促します。

三大栄養素をエネルギーに変える酵素の材料になる

マンガンは糖質、脂質、タンパク質エネルギーの変える酵素の材料になります。

細胞膜の酸化を防ぐ

私たちの体内では常に活性酸素という物質が発生しています。

活性酸素は外部からの異物の排除の当たるなど、体にとってメリットをもたらすと同時に細胞膜を酸化させるというデメリットも持ち合わせています。

このデメリットを通常は抗酸化作用のある酵素で無害化していますが、マンガンはこの酵素の構成成分になります。

不足すると

通常の食生活で不足する心配はありません。成長期に不足すると発育不全の原因になります。

過剰症

余分は排泄されるため、過剰症の心配はありません。ただし、サプリメントの誤食による大量摂取では中毒が起こる場合があります。

多く含む食品

マンガンは土壌に多く存在するミネラルです。そのため植物性食品に多く含まれます。

小豆、大豆、玄米、ごまなどに多く含まれます。

動物性食品にも含まれますが、ごくわずかです。

ヨウ素 | 犬の手作りごはん栄養学

別名ヨード。代謝を促す甲状腺ホルモンの材料となるミネラルです。

甲状腺ホルモンの働き

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、糖質、タンパク質、脂質の代謝を高める働きがあります。成長を促し、皮膚や被毛を健康に保つのに欠かせないものです。

この大切な甲状腺ホルモンの材料として、ヨウ素は欠かせない存在です。

不足すると

ヨウ素が欠乏すると甲状腺腫を引き起こします。しかし海産物を適度に摂取することでヨウ素は十分補えるため、不足の心配はありません。

参考:アブラナ科の野菜(ブロッコリなど)を摂取すると、ヨウ素の吸収が阻害されて甲状腺機能低下症になることを心配される飼い主さんがいらっしゃいます。

確かにアブラナ科の野菜をはじめとする、いくつかの食品にはヨウ素の吸収を阻害する成分が含まれますが、通常の食事量程度の摂取では問題ありません

詳細は下記の記事内「アブラナ科の植物がなぜ、犬にダメと言われるのか?」も併せてご参照ください。

過剰症

通常の食事で過剰症の心配はありません。

多く含む食品

こんぶ、わかめ、海苔などの海藻類、魚介類に多く含まれます。

海藻類は犬の体に良いものですが、種類によっては消化しにくいものもあります。こんぶ、わかめは細かく刻み、加熱して与えるなど調理の工夫が必要です。

銅 | 犬の手作りごはん栄養学

ヘモグロビンの合成を助ける、貧血予防のミネラル。

ヘモグロビンの合成を助ける

銅は赤血球のヘモグロビンが作られる際、必要な酵素の成分になります。ヘモグロビンの材料は鉄ですが、鉄が十分でも銅が不足していると、正常にヘモグロビンが作られなくなります。

貧血の原因となるので注意が必要です。

酵素を構成する成分になる

銅は体の中で働く酵素の成分になります。血管壁や骨を作るコラーゲンを合成する際必要な酵素の成分にもなります。そのため血管や骨の健康維持にも欠かせないミネラルです。

不足すると

貧血、白血球の減少、骨の異常、動脈硬化の原因になる。

過剰症

通常の食事で過剰症の心配はありません

多く含む食品

魚介類、レバー、大豆製品に豊富です。

亜鉛 | 犬の手作りごはん栄養学

皮膚の健康維持に欠かせないミネラル。酵素の構成成分、細胞の形成に重要な働き。

全身の組織に広く分布

亜鉛は全身の組織に広く分布します。特に被毛、皮膚に多く含まれています。亜鉛が欠乏すると皮膚の異常や皮膚炎が起こります。

酵素の成分になる

亜鉛は200以上の酵素の成分として、タンパク質合成に特に深く関わっています。細胞の新陳代謝にも重要な役割を担っています。

多く含まれる食品

魚介類、肉、海藻類、豆類に豊富。特に牡蠣に含まれる亜鉛含有量は100g中13.2mgと際立ってい多いです。

牡蠣を犬に与える際は、加熱の上、消化しやすいよう小さく刻む、すりつぶすのがおすすめです。

塩素 | 犬の手作りごはん栄養学

主に食塩の形で摂取されるミネラル。胃液の成分になります。

胃酸は塩素から作られる

胃液中の塩酸は塩素から作られます。胃液は強い賛成で食物の中の雑菌を殺す働きを担います。

また塩素はタンパク質消化酵素を活性化して、タンパク質の消化を促します。

食塩を含む食品から自然に摂取できる

犬の手作りごはんは基本的に味付けをしません。それでも魚介類や肉といった生鮮食品には食塩が一定量含まれています。

犬も生きて行くためには体が適度な塩分を必要とします。

生鮮食品から自然な形で塩分を摂取することで、塩素も必要量を摂取できます。

硫黄 | 犬の手作りごはん栄養学

硫黄はタンパク質の構成成分アミノ酸に含まれます。タンパク質を十分に摂取することで必要量をまかなえます。

健康的な皮膚、爪、被毛に欠かせないミネラルです。

犬の健康な皮膚、爪、被毛に欠かせない成分

硫黄はシスチンというアミノ酸の成分として、骨や皮膚、爪、被毛に多く分布します。健康な被毛は皮膚の維持には欠かせない成分です。

タンパク質に含まれるため、食事からしっかりタンパク質を摂取することが必要です。

肉、魚、大豆製品を偏りなく食べていれば不足することはありません。

多く含まれる食品

魚介類、肉類、卵、乳製品、大豆製品などタンパク質を多く含む食品から硫黄を摂取できます。