ビタミンDカルシウムとリンの吸収を助けます。強いを作るのに欠かせない脂溶性ビタミンです。

血中カルシウム濃度の調整も行なっています。

犬は人の24倍のカルシウムが必要

犬は体重1kgあたりの比較で24倍のカルシウムを必要とします。

カルシウムは吸収されにくいミネラルですが、ビタミンDと一緒に摂取することで吸収率が上がります。

犬の骨の健康維持にビタミンDは欠かせないビタミンです。

犬は紫外線を浴びてもビタミンDを作り出せない

人と異なり、犬は紫外線を浴びても皮膚でビタミンDを合成することができません。食事からしっかり摂取する必要があります。

ビタミンDは小腸でカルシウムとリンの吸収を助ける

ビタミンDの助けを借り、カルシウムとリンが小腸で吸収されると血中カルシウム濃度が上がります。

血中カルシウム濃度が上がると、カルシウムが骨や歯に定着します。

ビタミンDは血中カルシウム濃度を一定に維持する役割も担っています。

不足すると

ビタミンDの不足はカルシウムの吸収を妨げ、健康な骨や歯が維持できなくなります。

過剰症

吐き気を伴う高カルシウム血症動脈硬化腎機能障害などの原因になります。

ただし、通常の食生活では過剰症の心配はありません。

多く含む食品

イワシに多く、特に魚の皮部分に多く含まれます。

犬に与える際はも与えることでビタミンDを摂取できます。

卵黄にも多く含まれています。

植物性食品ではきのこに多く含まれますが、犬の場合、きのこは消化不良となり嘔吐するケースが多いためおすすめではありません

動物性の食品から無理なく摂るのがおすすめです。

手作りごはんを電子書籍で無料で学ぶ

犬の手作りごはん初心者向けに、始めるにあたって必ず押さえておきたいポイントを5つに絞ってまとめたものです。

1:犬の手作りごはんって何?「ドライフードとの違いを知ろう」

2:犬に必要な栄養素を知ろう!「犬に必要な基本の栄養素:五大栄養素」

3:栄養の不足・過剰の不安を解消「データを客観的に見てみよう」参考事例から学ぶ

4:犬に食べさせてはいけないもの「危険度の高いもの、そうでないものを正しく知ろう」

5:基本の犬のごはんの作り方「基本のレシピと5種のアレンジ」

全31P.スマートフォンで手軽に、完全無料で読めます。興味のある方は是非、下記よりご請求ください。