犬の手作りごはんに「卵」ってどうなの?卵はおすすめ完全栄養食品!【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の手作りごはんに「」って使っていいの?手作りごはん初心者の方はまず、どんな材料だったら安心して使えるかで悩みますよね。

そこで今回は「」について解説します。結論から先に言うと「」は犬が食べても問題ありません。栄養価が高く、むしろおすすめ。

この記事を読むことであなたは

  • 卵を犬に与える栄養学的メリット
  • 卵を与える際の注意事項
  • おすすめの与え方

が分かります。

卵は犬にあげても大丈夫!

卵(鶏卵)は犬に与えても問題のない食材です。

ただし、卵アレルギーがある場合は禁忌です。

卵の栄養学的メリットを知ろう!

卵には様々な栄養素が含まれます。ほぼ完全栄養食品として、昔から子供や病人の「滋養強壮食品」とされています。

鶏の雛を育つのに必要な栄養が全て含まれるため、犬が食べてもメリットが大きい食品です。

1:質の良いタンパク源

卵の優れた点は何と言ってもタンパク質の質の良さ。アミノ酸バランスの良さです。

アミノ酸バランスが良いほど体内で利用しやすいです。

参考:卵はアミノ酸スコア100

ただし、人間の必須アミノ酸での計算。食品のアミノ酸バランスを見る際の大まかな参考になる。犬の必須アミノ酸は人の必須アミノ酸+アルギニン

2:ビタミンCと食物繊維以外の全ての栄養を含む

卵の含む栄養は多岐にわたり、ほぼ全ての栄養を含んでいると言えます。

卵を与える際の注意点

卵は加熱でも、生でもOKです。ただし、賞味期限は守りましょう。卵の賞味期限は「生で食べても大丈夫な期限」が記載されています。

生で与える際は出来るだけ新鮮なものを与えるようにします。

おすすめの与え方

手作りごはん初心者の方は

  • ゆで卵を粗みじん切りにしてトッピング
  • 目玉焼きにしてご飯にのせる
  • ご飯と一緒に炒めて「卵チャーハン」に

加熱の方が、初めは安心できます。

まとめ

  • 犬に卵を与えても大丈夫、ただし卵アレルギーには注意
  • 卵はできるだけ新鮮なものを。賞味期限内に使い切ろう
  • 初心者は加熱して与えるのがおすすめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作りごはんを電子書籍で無料で学ぶ



犬の手作りごはん初心者向けに、始めるにあたって必ず押さえておきたいポイントを5つに絞ってまとめたものです。

1:犬の手作りごはんって何?「ドライフードとの違いを知ろう」

2:犬に必要な栄養素を知ろう!「犬に必要な基本の栄養素:五大栄養素」

3:栄養の不足・過剰の不安を解消「データを客観的に見てみよう」参考事例から学ぶ

4:犬に食べさせてはいけないもの「危険度の高いもの、そうでないものを正しく知ろう」

5:基本の犬のごはんの作り方「基本のレシピと5種のアレンジ」

全31P.スマートフォンで手軽に、完全無料で読めます。興味のある方は是非、下記よりご請求ください。

電子書籍を無料請求!