ビタミンB1

ビタミンB1 | 犬の手作りごはん栄養学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖質の代謝に必須の水溶性ビタミン。糖質をエネルギーに変える際、消費されます。不足するとだるさの原因に。

犬も糖質をエネルギーに変えて利用できますが、ビタミンB1の助けが必須です。

糖質をエネルギーに変えるビタミン

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える際、必須のビタミンです。

糖質を多くとると体内のビタミンB1がどんどん消費されます。

ビタミンB1が不足すると、糖質からエネルギーを生み出す代謝がうまくいかなくなり、効率よくエネルギーに変換できなくなります。

脳がメインで利用するエネルギーは糖質

脳や神経は糖質を主なエネルギーとして利用しています。

そのためビタミンB1が不足すると脳や神経の機能が低下します。

犬も糖質を利用できるの?

犬は肉食動物なので糖質は必要ないという、誤った情報も多くありますが犬は雑食動物です。

穀物食にもよく適応し、犬の膵臓から分泌されるアミラーゼにより糖質も問題なく消化できます。

犬の体を動かす大切なエネルギーである糖質を、効率よく利用するためにもビタミンB1は欠かせません。

糖質についてはこちらの記事も参考にしてください。

不足すると?

イライラ、倦怠感、体のだるさ、記憶力低下が起こります。

水溶性ビタミンは過剰症の心配なはい

ビタミンB1は水溶性。

多く摂取しても余分は尿へと排泄されます。

多く含む食品

豚肉、特に豚ヒレ肉の含有量はトップクラスです。

精製度の低い穀物にも豊富です。玄米や胚芽米、全粒粉のパスタ、ライ麦パンなどもビタミンB1を多く含みます。炒りごまにも。

汁ごと食べられる料理で効率よく摂取しよう

ビタミンB1は水溶性ビタミンです。茹でる調理法だと水に溶けて流れ出てしまいます。

熱にも弱いので、調理の際はできるだけ加熱時間を短く、汁ごと食べられる料理がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 

メルマガを無料購読する!