犬の手作りごはんに「薬膳」 | 基本の解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬の管理栄養士アドバンスによる「犬の手作りごはん」ガイド。今回は、老犬にもおすすめの「薬膳を取り入れた手作りごはん」基本の解説です。

老犬の手作りごはん | 手羽元でかんたん参鶏湯(サムゲタン)」記事はこちら。

このメニューは「薬膳」の考え方を参考に作ったものです。「薬膳」は中国古典医学(以下、中医学)で

  • 健康維持
  • 病気の治療、予防

に用いられる、特別な食事です(辰巳洋, 中医薬膳学,2015)。

「じゃあ、犬に薬膳って具体的に何をどうしたらいいの?」

今回はそんな「基本」をご紹介しようと思います。

「薬膳」の基本 | 食物の分類

中医学では、食べ物を用途別に以下の3つに分けています。

  1. 食べて美味しい「食材
  2. 味は良くないが、薬効がある「中薬
  3. 「中薬」の中で、食材としても使えるものは「食薬

これらをさらに、個別に見ていきましょう。

1 | 食べて美味しい「食材」

これはいわゆる私たちがイメージする「おいしい食べ物」です。

  • 穀類
  • 肉類
  • 野菜

など。

2 | 味は良くないが、薬効がある「中薬」

中薬」に分類されるものは、「薬味」として食卓にのぼるものがあります。

  • 生姜
  • しそ

など。

それ単体で食べるとなると、手放しで「おいしい」とはいいがたい。でも、他の食材と合わせると香りが引き立ちおいしくなる。そんな食物のグループです。

3 | 「中薬」の中で、食材としても使えるものは「食薬」

なつめはスープなどの煮込み料理に使います。食べる際は、中の種を取ります。
  • なつめ
  • クコの実

など、「中薬」として薬効があるとされる食物の中で料理にも使われるもの。これが「食薬」です。

「薬膳」の中身

薬膳とは「食材」「中薬」「食薬」を組み合わせて、ひとりひとりの体調やコンディションにあわせてつくるごはん、とここでは理解してください。

ちなみに「薬膳だから、必ず中薬や食薬を使わなきゃ!」というルールはありません

健康維持のため、ふだんの食事「食養」

薬膳」の中に「食養」という考え方があります。これは「食事を用いて体を補う」という基本中の基本をさします。

健康を維持するために、適切な食事をとる。「食養」の中には

  • 美肌
  • ダイエット
  • 老化防止

など、病気がない状態の人が「こういう健康のステージを目指したい」と考えるものも含まれます。

犬の場合であれば、被毛にうるおいを、や、適正体重の維持、などですね。

調子が悪いときの、いたわりごはん「食療」

食養」の次のステージとして「食療」があります。これは病気がある場合が対象です。

例えば、犬がお腹を下した時、消化の良い白粥や鶏から出汁をとったスープをあたえる、などは「食養」にあたります。

調子が悪いときに、家庭でたべる体にやさしいごはん、ですね。

そのときの状態に合わせて使い分けるのが「薬膳」

こうしてみると、私たちは普段の生活の中で、自然と食事を使いわけていることに気がつくと思います。

ふだんのごはん「食養」、調子が悪いときの「食療」。これらを含めて「薬膳」と呼ばれます。

薬膳で用いられる「食材」と「中薬」

では、実際にどういう食材を使ったいいのか?

下記に犬の手作りごはんでも利用される、薬膳食材の一部をご紹介します。

滋養強壮の食材

消化がよく、エネルギー源となるものが多いです。

  • ヤマイモ
  • 黒ごま
  • 黒豆
  • 大豆
  • 牛乳
  • 豚肉
  • クコの実

水分補給の食材

これらの食材は水分を多く含み、体に潤いをあたえると考えられています。また、カリウムを多く含み、利尿作用のある野菜・果物類を多く含みます。

  • トマト
  • きゅうり
  • すいか
  • りんご

体を温める食材

  • もち米
  • 鶏肉
  • あゆ
  • スズキ
  • 羊肉
  • 鹿肉
  • なつめ

こうした、普段からよく食べられている食材を上手に組み合わせて、健康維持や病気の予防にいかすごはん。これが「薬膳」の基本となります。

薬膳手帖を参考にしてみよう

こうした食材のもつ「薬効」は本にまとまって一般書として販売もされています。初心者向けに使いやすいのは、この書籍。

興味のある方は、書店などで、ぜひ手にとってみてください。

増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖

犬の手作りごはんを学ぶDogライフスタイルマガジン「ぐり通信」配信中。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る