犬の手作りごはん お勧め食材

犬に「チーズ」はあげても良いですか?【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は大好き!チーズの話です。

牛乳は時々薄めてあげることがあるけれど、チーズは大丈夫かのかな?

犬がチーズを欲しがるけれど、塩分が気になる…

結論から先に言うと、犬にチーズを与えても特に問題ありません。

ただし与える量・種類には注意が必要です。この記事では以下の内容で解説していきます。

  • チーズの種類の話(そもそもチーズって?)
  • チーズの栄養価の話(カルシウム、タンパク源として)
  • 与える際の注意点

チーズの種類の話

大前提として「チーズ」の原料となる「牛乳」は犬に与えても問題ない食品です。

ただし、アレルギーや乳糖不耐症がある場合は食べさせてはいけません。これについては下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

チーズと牛乳、何が違うの?

チーズは牛乳に乳酸菌や酵素を加えて凝固させたものから、水分(ホエイ)を除き、乳酸菌やカビなどの微生物の力を借りて発酵させたものです。

ただし、種類によっては発酵させないタイプもあり一口にチーズといっても実は色々。

そこでこの記事では、まず私たちが普段スーパーなどで手軽に入手できる「プロセスチーズ」について詳しく見ていきます。

私たちが普段、目にする機会が多いのは「プロセスチーズ」

私たちに一番馴染みが深いのが「プロセスチーズ」です。代表は丸いケースに入った6Pチーズ。プロセスチーズの代表です。

プロセスチーズは「ナチュラルチーズ」を粉砕、加熱して溶かし、固めたもの。

ナチュラルチーズは牛乳に微生物を反応させ発酵させたものです。身近なナチュラルチーズの代表は表面が白いカビで覆われた「カマンベールチーズ」ですね。

ナチュラルチーズはそのままだと、微生物の働きで発酵が進みます。

プロセスチーズはこのナチュラルチーズを加熱するので、酵素やカビの働きはストップします。そのため風味が変わりにくく保存性に優れています。

手作りごはん初心者の方が「チーズ」を犬のご飯に使う場合、品質と風味の安定した「プロセスチーズ」が使いやすくおすすめです。

気になる「プロセスチーズ」のカロリー、塩分は?

プロセスチーズのカロリーは100gあたり399kcalです。塩分は食塩相当量で2.8g(ただし製品によって上下あり)。

犬の塩分要求量は体重10kgの成犬で1日あたり2.42gです(維持期の犬体重1kgあたりの塩化ナトリウム要求量:242mgで計算。出典はNRC1977)。

箱入りのカット済みタイプチーズ1切れが8.2gです。含まれる食塩は約0.2g。

体重10kgの犬がプロセスチーズを1切れ(8.2g)程度食べる分には、塩分過多にはなりません。

このサイトではチーズを「手作りごはんの風味づけ」としてリゾットやふりかけとして使うことをお勧めしています。

メインの食材として使うのではなく、あくまでも「香りづけ程度」という位置付けですね。

チーズの栄養価の話

チーズは良質のタンパク質を多く含みます。

また、カルシウムも豊富。

犬は人よりも多くのカルシウムを必要とします。

体重1kgあたりで比較すると犬は人の24倍のカルシウムが必要です。体重10kgの犬で1日に必要なのは2420mg。

プロセスチーズには100gあたり630mgのカルシウムが含まれます。8.2gのプロセスチーズ1切で摂取できるカルシウムは約52mg。

チーズ一切れで1日の必要量の1/50程度が摂取できる計算です(結構少ない)。

さらにいうと、カルシウムは吸収率があまり良くないミネラルでもあります。実際にはより多くのカルシウムを含む食品を摂取する必要があります。

プロセスチーズは食品の中では、カルシウムの含有量がかなり高い部類に属します。そのためプロセスチーズは、犬のカルシウム源としておすすめの食品といえます。

この他には脂質ビタミンAビタミンB2などが豊富。

チーズを与える際の注意点

既に述べましたが、チーズと一口に言っても種類によってカルシウムの含有量も、脂質、塩分の含まれる量も違います

犬の手作りごはんに向いたチーズは何か?を飼い主側で十分把握して使用することが大事です。

以下、チーズ別に簡単に解説します。

初心者はまず「プロセスチーズ」

既に述べましたが初心者が使いやすいのは「プロセスチーズ」です。

塩分含有量もずば抜けて高い訳ではなく、脂質の含有量もほどほどなので下痢やカロリーオーバーなどのリスクは低め。

手作りごはん初心者は「プロセスチーズ」をまずは小さく一切れから、がおすすめ。

脂肪分の少ない「カテージチーズ」も使いやすい

カテージチーズは牛乳から脂肪分を取り除いた「脱脂乳」が原料です。

脂肪分を除去してあるものの、タンパク質、カルシウムなどの栄養はそのまま残っています。

そのためダイエット中の犬、脂肪分の多い食事だと下痢をしやすい犬にはカテージチーズがおすすめです。

カテージチーズは100gあたり105kcal、カルシウムの含有量は55mgです(プロセスチーズの1/11)。含まれる塩分は食塩相当量で1.0g。

かなり軽めのチーズと言えるでしょう。

パルメザンチーズは「香りづけ程度」にとどめる

パスタに振りかけることも多い「パルメザンチーズ」。

100gあたり475kcal、カルシウム含有量は1,300mg。食塩相当量は3.8mgです。

水分含有量が最も少ない「ハードタイプ」に分類されるチーズです。旨味と栄養がぎゅっと濃縮されている。

濃厚な分、塩分含有量、脂肪分ともに高めです。香りづけ程度に少量使用すると犬の食欲をそそり、食い付きが良くなります。

*犬の「食欲」をそそる要素についてはこちらの記事も参考にしてください。『犬の「食べたい!」は何で決まる?嗜好性』の項目参照。

犬にチーズを与える際の注意点

中身に具材の入っていないシンプルなチーズを選びましょう。

チーズの中には「レーズン」「アーモンド」「にんにく」などが入ったタイプもあります。

レーズン(ぶどう)で犬が腎不全に陥る障害が報告されています。ナッツ類に含まれる脂肪分も、量によっては犬の体調不良の原因になる場合があります。

ニンニクは「ネギ類」に分類され、大量摂取すると玉ねぎ中毒と同じ症状が起こる場合があるので注意が必要です。

レーズン、ネギ類についてはこちらの記事も参考に。

これらの食品はチーズと相性が良く、お酒のおつまみとしても愛好されます。犬が誤ってこれらのチーズを食べてしまわないよう注意しましょう。

犬の手作りごはんに使用するのは、あくまでもシンプルな「素材としてのチーズそのもの」。

まとめ

  • 犬にチーズは与えても問題ない。ただし量と種類に注意
  • 初心者におすすめなのはプロセスチーズ
  • ヘルシーなカッテージチーズも使いやすい
  • 香りづけ程度にはパルメザンもおすすめ。ただし少量を
  • 少量のチーズでは塩分過多にはならない
  • チーズは良質のカルシウム源
  • お酒のおつまみ用の具材が入ったチーズの誤食に注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作りごはんを電子書籍で無料で学ぶ



犬の手作りごはん初心者向けに、始めるにあたって必ず押さえておきたいポイントを5つに絞ってまとめたものです。

1:犬の手作りごはんって何?「ドライフードとの違いを知ろう」

2:犬に必要な栄養素を知ろう!「犬に必要な基本の栄養素:五大栄養素」

3:栄養の不足・過剰の不安を解消「データを客観的に見てみよう」参考事例から学ぶ

4:犬に食べさせてはいけないもの「危険度の高いもの、そうでないものを正しく知ろう」

5:基本の犬のごはんの作り方「基本のレシピと5種のアレンジ」

全31P.スマートフォンで手軽に、完全無料で読めます。興味のある方は是非、下記よりご請求ください。

電子書籍を無料請求!