犬の手作りごはん 注意点

犬の手作りごはん「食べさせてはいけないもの10のリスト」【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者は要チェック!犬にこれは食べさせちゃダメ

犬に食べさせてはいけない食べ物の把握は「犬の手作りごはん」を作る前に必要な必須の知識です。

このページでは、食べさせてはいけない食物10種類について解説します。
紹介するリストはこちら:

チョコレート/ネギ類(玉ねぎ・ニンニク)/ぶどう(レーズン)/生のイカ/大量の脂身/アボカド/マカデミアナッツ/キシリトール/カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶)/アルコール類

1:チョコレート

犬がチョコレートを食べると、チョコレート中毒と呼ばれる症状を起こす場合があります。

犬に食べさせてはいけない食べ物「チョコレート」
チョコレート

チョコレートの毒性

チョコレートには「テオブロミン」と「カフェイン」が含まれています。この成分が犬の健康に影響します。

毒性は「食べたチョコレートの種類」と「食べた量」によって決まります。

カカオの含有率が高い「ダークチョコレート」の危険度が最も高く、「ホワイトチョコレート」では危険度が下がります

ごく少量の誤食では、ほとんどの場合、犬に健康上の症状は現れません。

中毒症状

  • 落ち着きがない
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 心拍数の上昇
  • 血圧上昇
  • 体温上昇

犬がチョコレート中毒になった場合、獣医師へ速やかに「犬が食べたチョコレートの種類」「量」を伝えましょう。

2:ねぎ類(ねぎ・ニンニク)

犬が玉ねぎを食べると、玉ねぎ中毒を起こす場合があります。尿の色が赤く変わる症状が出た場合は、すぐに動物病院へ。

犬に食べさせてはいけないもの「玉ねぎ」
玉ねぎ

ネギ類(玉ねぎ・ニンニク)の毒性

玉ねぎを含むネギ類(ねぎ、ニンニク)には「犬の赤血球を破壊する成分」が含まれています。

刺激が強い成分が多く、犬に「胃腸炎」を引き起こす場合もあります。

ネギ類の中毒は、症状が現れるまで時間がかかる場合があります。食べてから数日後に症状が現れることもあります。

初心者はここに注意!

玉ねぎの有毒成分は、加熱しても壊れません。煮汁にも溶け出すため、玉ねぎそのものを取り除いても、有毒成分は汁に残ります

中毒症状

  • 尿が赤くなる(赤血球の破壊による。血尿とは異なる)
  • よだれ
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 呼吸数増加
  • 心拍数増加

3:ぶどう(レーズン)

ぶどうは犬に急性腎不全を起こす場合があります。

犬に食べさせてはいけないもの「ぶどう」
ぶどう

毒性

ぶどう(レーズン)による「急性腎不全」はブドウジュース、レーズンを含むお菓子やパン、クッキー、ワインなどでも起こります。

ぶどうがなぜ、犬に中毒を起こすか?という原因はまだわかっていません。

また、ぶどうによる中毒は「食べた量に関係なく」起こっています。

無農薬栽培・通常栽培を問わず、犬に中毒を起こす可能性があるため、注意が必要です。

中毒症状

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 急性腎不全

4:生のイカ

生のイカは消化が悪く、犬に嘔吐・下痢を引き起こす場合があります。

犬にたべさせてはいけないもの「生のイカ」
生のイカ

イカは生のままでは消化が悪い。

消化の悪さから、イカは犬が食べるのに適した食物ではありません。

消化が悪いことは、加熱しても変わりません

犬の手作りごはんには、イカ以外にも安心して使える食材がたくさんあります。どうしてもイカを食べさせなければならない!という状況は稀です。他の食材を検討しましょう。

5:大量の脂身

大量の脂身を含む食事が原因で、犬が急性膵炎を起こす場合があります。急性膵炎は命の危険を伴います。

犬に食べさせてはいけないもの「大量の脂身」
大量の脂身

毒性

脂肪の大量摂取による「急性膵炎」で動物病院へ運ばれる犬が増えています。
特定の犬種、肥満犬、老犬に起こりやすいことも特徴です。

起こりやすい犬種:ミニチュアシュナウザー/トイプードル/コッカースパニエル

膵炎の症状

  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 下痢

急性膵炎は命の危険が伴う非常に危険な症状です。速やかに動物病院を受診してください。

6:アボカド

アボカドの犬への影響は議論が分かれています。種子の丸呑みによる腸閉塞のリスクにも注意が必要です

犬に食べさせてはいけない食べ物「アボカド」
アボカド

アボカドの毒性は議論が分かれている

アボカドに含まれる物質「ペルシン」が毒性成分と言われています。この影響を受けるのは大型の鳥、牛、羊、山羊などです。犬は影響を受けにくいと考えられています。

アボカドは脂肪分が多いため、大量摂取による「急性膵炎」のリスクもあります。

種子の丸呑みも報告されており、異物による食道閉鎖のリスクがあります

誤って食べてしまった場合、嘔吐・下痢などの症状が出ないか注意してください。

7:マカデミアナッツ

ナッツには大量の油脂が含まれています。そのため、急性膵炎を引き起こす場合があります

犬に食べさせてはいけないもの「マカデミアナッツ」
マカデミアナッツ

マカデミアナッツが中毒を起こす仕組みは、まだわかっていません。ごく少量でも症状が出ます。

マカデミアナッツには大量の油脂が含まれており、急性膵炎発症のリスクがあります。症状は3〜6時間以内に起こり、24〜36時間続きます。

中毒症状

  • 脱力
  • 歩行困難
  • 体温上昇
  • 嘔吐
  • 下痢

8:キシリトール

人には安全なキシリトールも、犬には低血糖、肝不全を起こす場合があります。ガムの誤食には注意が必要です。

犬に食べさせてはいけないもの「キシリトール」
ガムに含まれるキシリトールの大量摂取

毒性

キシリトールはガム、デンタルケア製品、歯磨き粉などに多く含まれます。人には安全な成分ですが、犬が摂取すると低血糖、肝不全を起こす場合があります

中毒症状

  • 嘔吐
  • 体に力が入らない
  • 歩けなくなる

キシリトール中毒は摂取後、20分〜3時間以内に起こります。比較的早く症状が現れやすいのが特徴です。

9:カフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶)

カフェイン中毒はコーヒー、紅茶などの飲み物の他、頭痛薬の誤食でも起こります。特に薬の誤食は命の危険に直結します

犬に食べさせてはいけないもの「コーヒーなど、カフェインを含むもの」
コーヒーなどカフェインを含むもの

中毒症状

  • 落ち着きがなくなる
  • 嘔吐
  • 心拍数の増加
  • 下痢
  • 心不全

10:アルコール類

ワインなどのアルコール飲料だけでなく、手指の消毒液でも中毒が起こります。

犬に食べさせてはいけないもの「アルコール類」
アルコール類

犬がアルコールを摂取すると酔っ払った状態になります。

中毒症状

  • 低体温
  • 胃腸障害
  • 眠り込む

症状は30〜90分以内に急速に起こります。24〜36時間続く場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 

メルマガを無料購読する!