ビタミンC

ビタミンC| 犬の手作りごはん栄養学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の酸化を防ぐ抗酸化ビタミン水溶性。犬は腸内細菌でも合成可能です。抗ストレス作用も

体内でコラーゲンを合成する際にも必要です。

ビタミンCの働き

ビタミンCには様々な働きがあります。

犬もストレスを抱えがち。抗酸化ビタミンとして。

ビタミンCは抗ストレス作用で知られます。ストレスが多いほど体内での消費量も増えます。

犬のストレスとは?

  • 音(雷・風・工事の音など)
  • 運動不足
  • 適切でない食事
  • 苦手な人、犬
  • 苦手な場所(病院など)
  • 生活環境の急な変化
  • 体調の急激な変化

犬も生活の中でストレスを抱えます。

例えば引越しで生活環境が変わった、家族が増えた、減ったなど。

病院が苦手な犬は通院自体が大きなストレスにもなります。散歩途中で出会う苦手な犬、人などもストレス要因です。

雷、風の音などに敏感に反応する犬もいます。

何がストレスになるか?は犬の性格にもよるので、犬を十分に観察しストレスに配慮する必要があります。

コラーゲンの生成に必要

体を構成するタンパク質の一種コラーゲン体内で生成される際にビタミンCを必要とします。

ビタミンCが不足するとコラーゲンが生成されず、細胞同士の結合がゆるくなり出血が起こります。これを壊血病と呼びます。

壊血病はビタミンC発見のきっかけとなった病気で、現在は治療法も確立されています。

ビタミンCは強い抗酸化力を持つ

ビタミンCは高い抗酸化力を持ち、食品の酸化防止のためにも添加されます。

体内でも強い抗酸化力を発揮し、細胞老化の原因となる活性酸素から細胞を守ります。

不足すると

疲れやすくなり、感染症にかかりやすくなる。極端な不足は壊血病の原因となるが、野菜類を適度に摂取することで必要量は摂取できる。

過剰症

水溶性ビタミンにつき、過剰症の心配はありません。摂取後2〜3時間で排泄されます。

栄養素を最大限に引き出す調理にポイント

ビタミンCは保存中、調理中にどんどん失われる壊れやすいビタミンです。熱にも弱く壊れます。

生鮮食品はできるだけ早めに食べる、生で食べられるものは生で、加熱の場合も最小限の工夫を。

ジャガイモに含まれるビタミンCはデンプンに守られており熱に強い性質を持ちます。

野菜類の場合、収穫時期によってビタミンCの含有量は変わります。旬の時期に含有量もピークを迎えます。

多く含まれる食品

野菜、果物類に多く、ジャガイモ、サツマイモなどのイモ類にも多いです。

野菜類では赤ピーマンが高い含有量を誇ります。他にはブロッコリー、ジャガイモ、サツマイモに多く含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 

メルマガを無料購読する!