野菜

「さつまいも」を犬に食べさせても大丈夫?【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「甘みの強いさつまいも。犬のご飯やおやつづくりに使いたいけど大丈夫?」

さつまいもは食物繊維が多く、便秘解消にも役立つ食材です。犬の食事に取り入れている飼い主さんも多く、おやつとしても人気があります。

この記事では犬にさつまいもを与える場合の栄養学的メリットについて解説します。

犬に「さつまいも」を与える栄養学的メリット

さつまいもの特徴は甘さ食物繊維。そしてビタミンCです。

犬は甘みが大好き!

犬の舌にある味を感じる受容体で最も多いのは「甘みを感じる細胞」です。

このことから犬は「甘みを好む」傾向が見られます。

さつまいもはイモ類の中でも時に「甘みが強い」作物です。

食が細い犬、食べることにあまり興味がなくやせ気味の犬のおやつに取り入れることで、食事量を増やす効果も期待できます。

食物繊維が豊富

さつまいもに含まれる食物繊維はとても豊富。便秘予防や改善効果が期待できます。

犬は人と比べて大腸での食物の滞在時間が短いとされています。

それでも食物繊維が腸の中で有害物質を吸着して排泄する、腸を刺激して排便を促すことで腸の健康維持に役立つことがわかっています。

犬も食物繊維のメリットも受けられる、ということですね。

イモ類トップクラスの「ビタミンC」含有量

さつまいものビタミンC含有量は多く、イモ類ではトップクラスです。

そのほかにもビタミンEやカリウムを豊富に含みます。

さつまいものビタミンCもジャガイモ同様、デンプンに守られているため加熱しても壊れにくい特徴があります。

ジャガイモに関する記事はこちら。

まとめ

  • 犬にさつまいもは与えても大丈夫
  • 食物繊維が豊富で便秘予防に
  • ビタミンCの含有量はイモ類トップクラス!
  • 犬は甘みが大好き。食いつきを良くするために食事に加えても
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 

メルマガを無料購読する!