ビタミンB12(コバラミン) | 犬の手作りごはん栄養学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

造血作用に関わる水溶性ビタミン。脳や神経の機能を正常に保つ働きも。

ビタミンB12は赤血球を作り出す

私たちの全身に酸素を運ぶのは赤血球の役割です。ビタミンB12は赤血球に含まれるヘモグロビンの合成を助けます。

この際、葉酸の存在も欠かせません。葉酸、ビタミンB12、いずれかが不足すると正常な赤血球を作ることができません。両者の不足は貧血の原因となります。

タンパク質の合成を助け、神経や脳を正常に保つ

ビタミンB12はタンパク質の合成を助け、傷ついた末梢神経の回復をサポートします。

不足すると?

造血作用の低下、貧血。

過剰症

水溶性ビタミンにつき、余分は尿へ排泄されます。過剰症の心配はありません。

栄養素を最大限に引き出す調理のポイント

ビタミンB12は光、空気によって酸化が進みます。食材は密封容器で保存し、新鮮なうちに食べ切りましょう。

動物性の食品に多く含まれますが、アレルギーなどでこれらの食品を食べる機会が少ないと欠乏症になる場合があります。

その際は納豆などで補給しましょう。

水溶性ビタミンにつき、煮汁ごと食べられる調理法がおすすめです。

多く含む食品

動物性の食品に多く含まれます。植物性の食品にはほとんど含まれていません。ただし、納豆には微量のビタミンB12が含まれています。

体内で必要な量はごくわずかですが、欠乏すると貧血を招きます。

アレルギーなどで動物性食品があまり摂取できない場合は、注意が必要です。

レバー類、さんまに多く含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 


メルマガを無料購読する!