犬の手作りごはん 作り方

手作りごはんとは?(作る場合の注意点・作り方を簡単に解説)【超初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の手作りごはんが初めて。どういうものか知りたい初心者のための解説。

犬の自宅でご飯が作れるの?初めて知った方は驚きます。

犬といえばドッグフードを食べるものだと思っていた、という人も多いです。この記事では、「最近、犬の手作りごはんに興味を持った」という初心者向けに、基本情報を解説していきます。

手作りごはんとは?

犬の手作りごはん「鳥もも肉とトマトの煮込み」
手作りごはん「鳥もも肉とトマトの煮込み」

手作りごはんとは、自宅で様々な材料を使って作る、犬のためのごはんです。

手作りごはんには、何を入れたらいい?基本の構成

主食(ごはん・麺類など)+肉・魚類(タンパク源・脂質源)+野菜類(ビタミン・ミネラル源)

基本の構成は人間とほぼ同じです。

手作りごはんに使う材料

肉、魚、野菜類、米、パスタ、うどんなど、スーパーで売られている、ごく普通の食材でOKです

特別な「犬用の肉」「犬用の魚」「犬用の米」があるわけではありません。私たちが普段口にするもので問題ありません。

但し、ハム、ソーセージ、塩鮭など、すでに味がついた加工食品は除きます。詳しくは後述しますが、犬の手作りごはんに味付けは不要です

手作りごはんの注意点

材料は基本的に、人間のものでOKです。ただし、人と犬とはやはり違います。手作り食を作る上で押さえておきたい「注意点」があります。

まずはその「注意点」を把握することが大切。

手作りごはんの注意点1:味付けは不要

人と同じ食材を使って作る手作りごはんですが、「味付け」は不要です。

味付け」と言うのは、「砂糖を加えて甘くする」「醤油や味噌を加える」「塩を振る」など。

スパイスを加える」なども不要です。スパイスは犬にとっては刺激が強く、胃腸を荒らす場合があるので使用厳禁です

ハーブ」も様々な種類がありますが、犬にとって刺激が強いもの、有益なもの、様々です。見分けが難しいので、手作り食初心者の方には向きません。

犬の手作りごはんは「素材をシンプルに、煮たり、焼いたりして作るもの」と、ここでは理解しておきましょう。

手作りごはんの注意点2:犬に食べさせてはいけないものを把握する

人が普段食べているものでも、犬が食べると中毒を起こすものがあります。

代表的なのは「ネギ類」「チョコレート」「レーズン(ぶどう)」。

詳しくは【初心者向け】「犬に食べさせてはいけないもの10のリスト」で解説しています。

これらの「食べさせてはいけな食材」を事前に把握した上で、手作りごはんを始めましょう。

手作りごはんの作り方

手作りごはんを作るのは簡単です。

基本の材料「主食+肉・魚類+野菜」を組み合わせて作ります。

材料の割合は「主食(1):肉・魚類(1):野菜(1)」がおすすめです。

初心者の場合「おじや」が作りやすいです。初心者向けの「おじやレシピ」を公開していますので参考にしてください。

いきなり手作りごはんに変えるのは不安、と言う場合は「フードにトッピング」でも良い

急に今までのドライフードから、手作りごはんの変えるのは不安だと言う場合は、フードの「茹でた野菜」「茹でた肉」をトッピングするだけでもOKです。

特に普段から、フードの種類を変えただけでお腹の調子が変わる犬の場合、いきなり食事内容を変えるのはおすすめではありません。

まずはトッピングから始めて、時間をかけて変えていくのがベストです。

手作りごはんの「メリット・デメリット比較」

かかる手間(飼い主視点)・栄養(犬視点)で解説します。

飼い主側のメリット

  • 色々食べさせると犬が喜ぶ姿が見られる
  • 旬のものを一緒に味わえる
  • 自分で選んだ材料で作るので安心感がある

飼い主側のデメリット

  • 調理が必要なので、ドライフードよりは手間がかかる
  • 栄養バランスへの配慮が必要

メリットの中でも特に大きいのが「犬が食事で大喜びするようになった」と言う点。 飼い主側が得られる満足は大きいです。

デメリットの項目は「私たちが普段、自分たちの食事を考えるときにやっていること」でもあります。

これを犬のためにも考えるひと手間が加わる、と言うことです。 「調理」も、犬の手作りごはんだからと言って、特別なことをする必要はありません。 普段の食事づくりの延長と考えると、デメリットもさほど大きなものではなくなります。

犬側のメリット

  • 色々なものが食べられて楽しい!(食べる喜び)
  • 新鮮な食材を食べられる
  • 温かいもの、冷たいもの、ご飯、パスタ、肉、魚など食のバリエーションが広がる
  • 様々な食感のものを食べることが、犬にとっての刺激となる
  • 体に取り入れる栄養素のバリエーションが広がる
  • 体調に合わせたごはんが食べられる

犬側のデメリット

  • 飼い主が偏った手作りごはんを与えると、犬も栄養に偏りが出る

まとめ

犬の手作りごはんとは「家庭で作る、犬のための食事」。 「犬に食べさせてはいけない食べ物」「味付けはしない」など、基本事項を抑えれば誰でも作ることができる。 初心者はまず「おじや」から。基本のおじやの作り方はこちらで紹介しています→ 犬の手作りごはんレシピ「基本の鶏肉おじや」【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 

メルマガを無料購読する!