ナイアシン(ビタミンB3) | 犬の手作りごはん栄養学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水溶性ビタミンB群の一種。ニコチン酸、ニコチン酸アミドの総称

動物性、植物性の食品の多くに含まれています。魚のカツオに多く含まれます。

犬はアミノ酸のトリプトファンから合成可能です。エネルギー代謝に関与しています。

エネルギー代謝の補酵素として働く

ナイアシンは補酵素として働いています。糖質、脂質、タンパク質からエネルギーを取り出す過程で重要な役割を担っています。

不足すると

人の場合、皮膚炎、手足のしびれの症状があるペラグラという病気の原因となります。

犬の場合、腹部の皮膚に皮膚炎が起こる場合があります。

過剰症

人の場合はサプリメントなどで過剰摂取することで、皮膚が痒くなる場合があります。

栄養素を引き出す調理のポイント

ナイアシンは熱に強いビタミンです。ただし水溶性なので、煮物の場合は汁ごと食べるのがおすすめです

ビタミンB群(B1、B2、B6など)が不足していると、ナイアシンを体内で合成する力が低下します。ビタミンB群を含む食材と合わせて食べるのが効果的です。

魚介類、レバー類に豊富

ナイアシンはあらゆる食品に含まれていますが、特に魚介類レバー類に豊富です。

ナイアシンはアミノ酸の一種トリプトファンから合成可能です。トリプトファンは肉類、魚介類に多く含まれれいます。

カツオ、豚レバー、牛レバー、鯖、ぶり、鶏むね肉に多く含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールマガジン登録

犬の手作りごはん、栄養をはじめ、マッサージやアロマセラピーなど、犬の家庭での健康管理情報満載!

メールマガジン「ぐり通信」を無料購読いただけます。

犬のて作りご飯メルマガ登録

 


メルマガを無料購読する!