犬の手作りごはん 量

犬の手作りごはんの量をどう決める?【初心者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作りごはんの適切な量は、犬によって違います。

そのためグラム数やカロリー計算ではなく、犬の体型・体重の増減をみながら調整するのが正解です。以下、具体的に解説していきます。

人の食事量も体重の増減で決める。犬も同じ。

人の場合も体重が増えれば食事量を減らしてダイエットします。逆に体重が減ってきたら食事量を増やします。

今この記事を読んでいる飼い主さんご自身の食生活と、体重の関係を考えてみてください。

太った→食事量を減らす
痩せた→食事量を増やす

その際、1日の摂取カロリーや栄養素の量まで、事細かに計算する人は少ないはずです。

せいぜい「脂身はカロリーが高いから、ロースはやめて脂肪分の少ないササミにしよう」「ごはんは糖質で太りやすいから控えめにしよう」という風に、アバウトに食事量を調整しているはず。

犬も同様と考えてください。

器の大きさで、手作りごはんの目安量を決める

そう言われても、初めて犬の手作りごはんに取り組む人は「それでは不安」と感じることでしょう。

そこで簡単な量の目安をご紹介します。

犬の頭に帽子をかぶせるところをイメージしてみましょう。

それと同じ大きさのフードボウルに手作りごはんを2/3程度盛り付けるところをイメージしてください。これが1回の食事量になります。

犬の手作りごはん量の目安

体型を見ながら食事量を調整

まず手作りごはんを2週間程度続けてみます。

体型に変化がなければ食事量は適量です。

適切な体型がどうかのチェック方法を以下に解説します。

犬の理想体型は腰に適度なくびれがあること

犬のボディコンディションスコア(BCS)を参考にする

ボディコンディションスコア(BCS)犬の体型評価に使用されます。
理想体型は:

  • 体脂肪率15%〜24%
  • 肋骨の上にうっすらと脂肪が覆っている
  • 脂肪の上から肋骨の上に触れられる
  • ウエストに適度なくびれがある
  • 横から見るとお腹に凹みがある

イラストでBCSを見られるサイトをご紹介するので、こちらも参考に。
→ ぽっちゃりは短命?愛犬の体重管理の大切さ(ロイヤルカナン)

手作りごはんを続けてみて、犬の体型が理想的にキープできていれば問題ありません。

手作りごはんで栄養が、ちゃんと足りているか心配

極端に偏った食事内容でなければ、犬が栄養不足になることはありません。

基本の食事内容は肉・魚類(1):主食(1):野菜類(1)の割合です。

1日何gという基準値があれば安心、という人も多いですが、犬によって活動量、栄養を吸収する能力は異なります。必要なエネルギー量も変わってくるため、必要な食事量をグラム数だけで算出するのは無理があります

多くの普通の飼い主が手作りごはんを実践している。

犬の手作りごはんは、家庭で作る日常ごはんという位置付けです。

多くの人が栄養の専門家でなくとも自分で食事を作り、問題なく健康に暮らしています。犬も同様です。基本の食事内容を守り、色々なものを偏りなく食べさせることで犬も健康に暮らせます。

実際に世の中の多くの犬の飼い主がて作るごはんを作り、犬に食べさせています。

そうした様子はブログやSNSでも公開されています。そうした人たちがどんなものを食べさせているか、犬たちの様子はどうか、を参考にしてみるのもおすすめです。

結論:犬の体型を見ながら適量を探る。

犬に合わせた食事量は、飼い主さんが犬の体と向き合い時間をかけて探っていくものです。基本を守れば栄養の偏りも、栄養の不足も起こりません。

まずは実際にやってみて、犬をよく観察することから始めてください。

書籍を参考にするのもおすすめです。

一緒に作って食べられる 犬のごはん うちのワンコはこれ1冊で一生健康生活 [ 須崎恭彦 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加