犬の手作りごはんレシピ | 鱈(たら)のブイヤベース風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬の管理栄養士アドバンスによる手作りごはんレシピ。今回は南フランスプロヴァンス地方の家庭料理「ブイヤベース」を犬用にアレンジします。

じゃがいも、新鮮な(たら)、キャベツ、トマト缶等といったシンプルな材料で手軽に作ります。魚は旬でお好みのものを。

シンプルな材料で、さっと作るお手軽ブイヤベース

ブイヤベースは元々、漁師の人たちが「見た目が悪い」「小さすぎる」などの理由で売り物にならない魚を、自宅で美味しく食べるために編み出された料理です。

こうした魚を香味野菜やジャガイモと一緒に煮込み、濃厚な出汁を味わう料理。犬向けにアレンジする際は、ブイヤベースに通常使用される玉ねぎを除き犬に玉ねぎを与えると溶血性の貧血になる場合があります)、セロリ、キャベツなどに置き換えます

鱈(たら)

今回は旨味が特に強く、濃厚な出汁が味わえる「(たら)」を使用します。

鱈は通年入手可能ですが、産卵期を迎える秋〜冬が旬とされています。低脂肪で高タンパク、旨味が強く、犬にもおすすめのヘルシー食材です。

材料と作り方

材料

25kg未満大型犬×2匹×2回分

  • 鱈:3切れ
  • ジャガイモ:2個
  • キャベツ:2枚
  • トマト缶:1/2
  • 水:400cc
  • オリーブオイル、ごはん:適量

作り方

  1. 鱈は骨を取り除き、食べやすい大きさに切る。
  2. じゃがいもは皮を剥き、2cm程度の角切りに、キャベツも食べやすい大きさに刻んでおく。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、鱈を皮目から入れて焼き付ける。ここでしっかり焼くことで、淡白な味わいの鱈にコクが出る。香りもたち、旨味も増すので犬の食欲をそそる。
  4. 鱈を取り出し、同じフライパンでキャベツを炒める。キャベツがしんなりしたらジャガイモを加えて炒め合わせる。
  5. トマト缶と水を加えで混ぜ合わせる。
  6. 鱈を加え、ヘラでほぐしながら全体を混ぜ合わせて10分煮る。
  7. 冷ましてご飯と一緒に食べさせる。

ご飯の代わりにパスタと合わせても犬が喜びます。

調理風景+食べている様子は動画でどうぞ

犬の手作りごはん・アロマセラピーなど「家庭でのセルフケア」を学ぶ
メールマガジン「ぐり通信」を配信中。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。
無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

Comments are closed.