老犬の手作りごはん | 牛スジとレンコンの煮込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬の管理栄養士アドバンスによる「犬の手作りごはん」ガイド。今回も、「薬膳」の知恵を取り入れた「老犬のための手作りごはんメニュー」をご紹介します。

まずは作っている様子から、犬たちが食べるところまで、動画でお見せしています。こちらからぜひ、ご覧ください。

牛スジは、柔らかく煮込むことで、硬いスジがほどよいゼラチン質のプルプルに変わります。そのゼラチン質が溶け出したスープは、夜、室温においておくと、朝には煮こごりになり、固まっています。

このプルプルが、実に美味しそう。

スジは脂肪分は少なめですが、こっくりと濃厚なダシが出るのも特徴です。

【材料】体重25kg大型犬2匹×2回分

  • 牛スジ煮(あらかじめ下処理し、やわらかくしたもの):スープ込みで500g
  • レンコン:270g
  • 生姜スライス:1枚
  • パプリカ:1個
  • ごま油、ごはん:適量

牛スジはまとめて下茹でをし、ストックしておくと便利です。 下茹での方法は、こちらの動画でご紹介しています。

【作り方】

  1. レンコンを厚さcmのいちょう切りにし、ごま油で炒める。
  2. 下茹でしておいた牛スジとスープ、生姜スライスを加えて、圧力鍋で5分加圧する。加圧後は火を止め、自然放置。
  3. 圧が下がったら、細切りにしたパプリカを加えて軽く煮込む。
  4. 犬が食べやすいよう、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  5. ごはんにかけて、犬に与える。

栄養学的にも、優秀な「牛スジ」 | 老犬におすすめ

牛スジは老犬におすすめの食材です。以下に理由を挙げていきます。

  • 脂肪分が少なく、低カロリー
  • プルプルのゼラチン質はコラーゲン
  • どっしりとした旨味とコクが特徴

牛スジは実は低カロリー。理由は脂質の少なさです。

100gあたりのカロリーで比較してみると、

  • 牛バラ肉:371kcal
  • 牛スジ(茹で):155kcal

さらに脂質の含有量で見ると

  • 牛バラ肉:32.9g
  • 牛スジ(茹で):4.9g

このように、牛スジは「脂質少なめ、あっさり」な食材であることが分かります。

数値参考:食品成分表

老犬の食事 | 脂質コントロールが鍵に

我が家のまもなく16歳になる老犬のケースをご紹介します。我が家の愛犬は、若い頃と比べると脂質に弱くなりました。少しでも脂の多いメニューだと、下痢をするようになったのです。

脂質が多い食事でも、特に問題なく過ごす老犬もいます。一方で、老犬になると基礎代謝が下がり、肥満気味になる犬が増えることも事実です。

そのため老齢期に入った犬は、胃腸の状態や体重などを考慮し「食事内容を見直す」必要に迫られることがあります。

脂質は体にとって大切なエネルギー源です。細胞やホルモンを作る材料にもなるので、適度な摂取は必要です。ただし、量には注意する必要があります。

肥満防止のために、多くの場合、脂質の少ない食事が選択されます。しかし脂質が少ない食事は味気ないのも事実です。

その点、牛スジは低カロリーでありながら、コクのある出汁と旨味が特徴です。筋肉や皮膚を作るタンパク質(ゼラチン質)も豊富。まさに老犬にはピッタリの食材といえるでしょう。

薬膳の視点でみた「牛スジ」

牛スジは薬膳では、以下の効果があると考えられています。

  • 骨や筋肉を強くする
  • 肌を健やかに保つ
  • 体の生理機能を促進し、体力を増強する(補気)

犬も人間も、歳を取ると足腰が弱くなる、筋肉が減る、肌のハリが減ってくるなど、生理的な「老化」がはじまります。

また、個体差はありますが、元気がなく、疲れやすいなどの衰えが目立ってきます。

そんな「衰え」の部分を補う効果が、牛スジにはあると、薬膳では考えています。

老化は自然現象。でも、できればゆるやかに、おだやかに。

犬も人も、当然ですが歳をとります。年を取ることは自然現象です。一方で、体を適切にメンテナンスをすることで、体を良い状態で、長く保つことは可能です。

大切なのは、老化をネガティブに捉えるのではなく「老化に伴い、体には何が起こるか?」を、知識としてまず知ること。その上で、出来る対応策を考え、実行することではないでしょうか。

薬膳」の目的は「健康と長寿」。

犬も人と一緒に歳をとります。そんな「歳を重ねる愛犬」の健康を、食事から考えサポートしていきたい、とお考えの飼い主さんには「薬膳」を取り入れてみるのがおすすめです。

「愛犬の薬膳無料メールセミナー」配信中。ご登録はこちらから。
犬の手作りごはんを学ぶDogライフスタイルマガジン「ぐり通信」配信中。
最新号の配信を希望の方はバナーをクリックしてお申し込みください。無料でご購読いただけます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る