イメージ画像
犬にあげてはいけないとされる食品の情報は数多く存在します。


【愛犬に良かれと思ってあげていた食事が、実は体の負担に!?】

大切なわが子のために、体に良くて美味しい食事を作ってあげよう!

ドッグフードの上にトッピングをして、もっと美味しくしてあげよう!

そんな気持ちで始めた手作りごはんが、ある日友人から聞かされた「××って犬によくないらしいよ?」の一言や、 たまたまみつけたブログの記事に書かれていた「犬に××をあげてはいけません!」という一文で 一気に不安でいっぱいになってしまった…。

そんな経験はありませんか?

自己紹介

はじめまして。ペット食育指導士の諸橋直子です。
北海道札幌市で犬のための手づくりごはんの基礎知識をお伝えする『ペット食育入門講座』の講師を務めています。

この講座を通して20名以上の飼い主さんに直接犬の手づくり食の指導をさせていただきました。

また、現在発行中のメールマガジンを通して、常に1,000名以上の飼い主さんに対して犬の手づくり食に関する情報発信を行っています。

私自身も愛犬のラブラドール・レトリーバーのぐり(2006年6月2日生まれ・♀)の手づくり食を4年に渡って続けており、オリジナルレシピの雑誌寄稿などのお仕事もさせていただいております。

そして、現在こうしてプロとして『犬の食育』の指導を行っている私の元には、毎日全国の飼い主さんから質問やご相談のメールが寄せられていますが、実は「食べさせてはいけない=NG食品の情報」についてのご質問が圧倒的多数を占めているのです。

その数の多さにびっくりするのと同時に、あいまいな情報、根拠がはっきりしない情報に振りまわされ、不安になっている飼い主さんが私の想像以上に多いことに、正直驚きました。そこで、個別のお返事を差し上げる代わりに、そうした悩みを根本的に解決するための考え方をお伝えすることにした次第です。

インターネット上の情報には、
正しいものもそうでないものも混在している。

私の元に寄せられる中で、とりわけ多いのが「インターネットで見かけた情報に××は犬に良くないという記事がありました。今まで私は××を犬に毎日あげていました。いけないことだったでしょうか?」というご相談です。

例えば以下のような情報です。
あなたもこうした情報を目にして、ドキッとした経験がおありではないでしょうか?

  • 犬にキャベツはNG
  • 犬に生卵はNG!
  • 犬に人間用の牛乳をあげてはいけない!
  • 犬にブドウをあげてはいけない!
  • 犬には野菜を与えると腸に負担がかかる!
  • 犬に炭水化物を与えてはいけない!
  • 犬に野菜をあげると尿道結石の原因になる!
  • 犬にミネラルウォーターをあげると尿道結石の原因になる!
  • 犬に鶏肉ばかりを与え続けるとアレルギーになる!
  • 犬に大豆製品を与えてはいけない!

これらの情報の中には実は正しいものもあれば、正しくないものもあります。

それでは、こうした情報の「正しい・そうでない」は、どう判断したらいいのでしょうか?

何故いけないのか、理由を把握していますか?

インターネット上や雑誌などで見かける「犬にNG食材」の情報には様々なものがあります。

  • 「この前みたBLOGで××は犬にいけないって書いてありました」
  • 「我が家の犬には○○と言う疾患があるため、××は食べさせない方が良いと獣医さんから指示がありました。理由は××に含まれる△△という物質が病気に影響する可能性があるからです」

この2つの情報を見比べた場合、どちらが信頼できるとあなたは感じますか?

後者のように、 そもそも何故その食材が犬に良くないのか、その理由がきちんと明示された情報は実は非常に少ないのです。

そして「この食材は犬にいけない」という理由が分からないことで、必要以上に不安をかきたてられるということしっかりと理解しておくことが大切です。

何故なら、こうした不安は理由を正しく理解することで解決可能だからです。

どのくらいの量を与えたらいけないのか、を知っていますか?

「犬に与えてはいけないという食材」について、あなたは以下のことをしっかり把握していますか?

  • 体重30kの大型犬と2kgの小型犬。
    食べてしまうと体に影響が出るタマネギの量はそれぞれ何g?
  • キャベツの食べ過ぎで犬の甲状腺に影響がある量は、キャベツ何玉分?

「NG食材」と呼ばれる食品を、どのような条件でどのくらいの量食べたら体に影響を与えるかを理解していますか?

この部分があいまいになっていることで「NG食材」を一口でも口にしたら命の危険があるような考えに陥ってしまいます。このことが手づくり食を作る飼い主さんが、材料を選ぶ際に多大なプレッシャーとなってしまうのです。

この食材はOKそれともNG?
ひとつひとつ調べるよりも、基本的な考え方を学びましょう。

世の中には何千、何百種類という食材があります。そのひとつひとつを「犬にOK?それともNG?」という情報をひとつひとつあなたは調べていきますか?そんな風に材料選びをしながら作る手づくりごはんは、飼い主であるあなたにとって楽しいものでしょうか。そんな飼い主さんの姿を見ているワンちゃんは、本当に心からハッピーな気持ちになれるでしょうか?

膨大な量の「OK・NG食材のリスト」を片手に、不安と向き合いながら犬のごはんを作るのはもう止めにしませんか?

大切なのは「食材に対する基本的な考え方を学び、飼い主さん自身が自分の基準を持って判断できるようになること」なのです。

そして、こうした「NG食材に対する不安」は「食材に対する基本的な考え」を学ぶことで無くすことが可能です。

[NG食品に出会った時、どう考えたらいいか?]
e-book(電子書籍) + 音声セミナー教材を
ご活用ください!

商品写真など

「NG食材」に出会った際、飼い主さん自身が何を調べ、どう判断したらいいかという基本的な考え方を学べるテキストを作成しました。

また、そのテキストに沿ってペット食育指導士である諸橋直子が解説を加えたセミナー音声をセットにし、教材として配布することにしました。

この教材には、私がこれまでペット食育指導士として実際にセミナーで受講者さんたちのご質問に答えてきた経験と、飼い主さんたちが陥りがちな悩みのパターン解決法、その他、全国のメルマガ読者さんから寄せられた犬のNG食材に関する疑問・悩みに対する回答を行ってきた際のエッセンスをすべて詰め込んでいます。

そのため、この教材を入手することであなたが手に入れられるもの、学ぶことができるのは以下のものです。

  • 『NG食品に出会った時、どう考えたらいいか?』テキスト(PDFファイル全13P)
  • 音声セミナー●本(計●時間×分 MP3ファイル)
  • 「NG食材」に出会った時の基本的な考え方
  • 「我が家の愛犬に合わせた」NG食品への対応方法
  • ケーススタディ1「犬にキャベツを与えてはいけない?」
  • ケーススタディ2「犬に卵を与えてはいけない?」
  • ケーススタディ3「犬に牛乳を与えてはいけない?」
  • ケーススタディ1「犬にブドウを与えてはいけない?」

テキストを見ながら音声をお聞きいただくという、セミナー形式でお伝えする内容の教材です。
また、ケーススタディとして「犬のNG食材」として取り上げられることの多い4つの食材を例に挙げ、具体的に解説しています。

[NG食品に出会った時、どう考えたらいいか?]
e-book(電子書籍) + 音声セミナー教材


[NG食品に出会った時、どう考えたらいいか?]
全13ページ(PDFファイル版・音声ファイル約1時間)


定価3,980円のところ


*期間限定で無料で配布します*


お申し込みはコチラ


よくあるご質問

Q 手づくり食をはじめて間もない初心者飼い主です。私でも理解できる内容ですか?
A 手づくり食初心者の方で「犬のNG食品」の情報に出会い、お悩みの飼い主さんを対象に作成しています。難しい専門知識無しでもご理解いただける内容です。
Q 「●●」と言う食材を犬に与えていいかどうかで迷っています。「●●」はこの教材の内容に含まれますか?
A この教材は、個別に「この食材はOK、これはNG」と言う具合に、食材をしらみつぶしに仕分けしていく内容ではありません。ある食材に出会い「これって与えていいのだろうか?」と悩んだ際に、飼い主さん自身がどう判断し、不安やストレスを感じることなく手づくり食を続けて行くための考え方についてお話しさせていただいた教材となります。
Q e-book(電子書籍)とは何ですか?PC初心者の私でも読むことができるでしょうか?
A e-book(電子書籍)はPC上で簡単に閲覧が可能な「PDFファイル」というもので作成されています。このファイルをPC上で見るためには専用ソフトが必要ですが、PCには通常はじめからインストールされていることがほとんどです。もしお持ちでない場合も無料でダウンロードできますのでご安心ください。必要なソフトの入手方法は、お申し込みを頂いた後にお知らせする自動返信メール内にも記載されておりますので、併せてご確認ください。
Q 音声ファイルは簡単に聴くことができますか?
A 音声ファイルは「MP3」という形式で作成されており、多くの音楽再生ソフトに対応した汎用性の広いものです。もしお持ちのPCに「MP3」ファイル再生が可能なソフトウェアがインストールされていない場合でも、無料で入手することが可能ですのでご安心ください。必要なソフトの入手方法は、お申し込みを頂いた後にお知らせする自動返信メール内にも記載されておりますので、併せてご確認ください。
Q PCのメールアドレスで申込みを、とありますが、携帯のアドレスしか持っていません。どうしても読みたいのですが、何とかなりませんか?
A 当教材に興味を持っていただきありがとうございます。この教材はPDFファイルと言う形式で作成されているため、携帯電話からは一部の機種を除いて閲覧していただくことができません。お手数ですが、ご家族やお友達でPCをお持ちの方に代わりにお申し込みいただき、テキストをプリントアウトしてもらうなどの方法でご利用ください。

追 伸

「何故、無料なのですか?」というご質問も、実は多数頂戴しています。

理由はいたって簡単です。「犬のNG食品」についてのご質問が私の元に大量に寄せられるからです。

私はプロのペット食育指導士として有料セミナーの開催やカウンセリングのお仕事をさせていただいているため、WEB上でのご質問に無料で個別にお返事を差し上げることはご容赦いただいています。しかしながら、多くの飼い主さんが同じポイントで悩み、折角の愛犬との暮らしを100%楽しめないという状況は問題であると常日頃から感じていました。

そこで本来であれば、私自身がセミナーで受講者さんに直接お話ししてお伝えしたい内容なのですが、遠方や海外にお住まいの方からも、ぜひ私のセミナーを受講したいというお声を多数頂戴しているため、今回こうした教材としての配布をさせていただくことになりました。

無料のものですが、有料セミナーでお話しするのとまったく変わらない内容であると自負しておりますし、製作者の私自身も真剣にお話をさせていただいた教材です。

尚、私自身ももちろんボランティアではなく、ビジネスとしてこの教材配布を行っているため、今後は今回の教材配布でいただいたご質問や、疑問点を反映させた有料教材の作成を企画しています。
そのために、まずはこうしたスタイルで教材を配布し、後日ご案内する有料の教材やセミナーにも興味を持っていただくきっかけになればと考えております。

無料で配布するという性質上、個別のご質問にはお答えできませんが、ご質問にお答えすることが他の多くの飼い主さんのお役に立つ場合には、後日お送りするメールマガジン「ぐり通信」内で回答させていただく場合がございます。メールマガジンを通して、今回教材を請求された方が有益な情報を共有できるようにしていきたいと考えております。

こうした考えに共感していただけるのであれば、ぜひ教材をご請求ください。、そして今後もメルマガを通してお付き合いをさせていただければ幸いです。

お申し込みはコチラ